船舶用塗料のイノベーター日本ペイントマリン株式会社

  • HOME
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • English

製品情報 Products info

LF-Sea

2010.11.08

低燃費(低摩擦)型船底塗料「LF-Sea」 株式会社商船三井の新造自動車運搬船に採用

日本ペイント株式会社(本社:大阪市、社長:酒井健二)のグループ会社・日本ペイントマリン株式会社(本社:神戸市、社長:佐々木信廣)が販売する、低燃費(低摩擦)型船底塗料「LF-Sea」が、株式会社商船三井の新造船『NEPTUNE ACE』(南日本造船建造、6,400台積み自動車運搬船、10月27日竣工)に採用され、海上試運転で有効な燃費低減効果が確認できましたので、お知らせします。

2005年から販売を開始した「LF-Sea」は、船底に塗装するだけで海水と船体との間で発生する摩擦抵抗を減らし、燃料消費量とCO排出量を削減できる船底塗料として、国内外から高い評価を得、採用実績はすでに300隻を超えています。

この度、株式会社商船三井の『NEPTUNE ACE』に、新造自動車運搬船として世界で初めて「LF-Sea」が塗装されました。同社は、従来の塗料と「LF-Sea」を比較して期待値どおりの燃費削減効果が確認できたことで、今後適用船が、CO排出をこれまでの自動車運搬船よりも抑え、環境に配慮した運航が可能となることを期待しています。

船舶運航時に排出されるCO量は全世界の総排出量の約3%に相当する※1と言われ、CO排出量削減が期待できる「LF-Sea」は、海洋・地球環境保全の継続的改善に積極的な同社の就航船にこれまでも採用いただいてきました。今回の新造自動車運搬船での採用は、この実績が高く評価された結果によるものです。

また、日本ペイントおよび日本ペイントマリンと同社は、現在の「LF-Sea」よりもさらに燃費・CO削減ができる発展型船底塗料の開発※2を共同推進しており、2013年3月の完成、実用化を目指しています。

※1
出典 : 国際海事機関「IMO-GHG study 2008-2009」
※2
国土交通省の平成21年度「船舶からのCO削減技術開発事業」の補助対象事業の一つに採択されています。(本年1月25日に詳細発表済み)

日本ペイント株式会社のウェブサイトへ

記事一覧へ戻る