船舶用塗料の日本ペイントマリン

船底塗料とは?

こんな症状はありませんか?(船底塗料が必要な理由)

亜酸化銅系の船底塗料

・スロットルをあげているのにスピードがでない。
・舵を切っていないのに、艇が方向を変える。
・船が重くなった感じがする。
その原因の多くは「水棲生物」にあります。

「水棲生物」が船底に付着して増えると、見た目に汚いばかりでなく船体が重くなり、水の抵抗も増え、船速が遅い、艇が方向を変えるなどといった症状となるのです。
その結果、船が遅くなって目的地に着くのに時間がかかる上、燃費も悪くなる、という時間的・コスト的ダメージにつながります。

水棲生物とは?

船底を汚す水棲生物にはたくさんの種類があります。特に、フジツボや貝類はセメント質を分泌し、しっかりと固まってしまうやっかいもの。もちろん、スライムや植物系もあなどれません。これらが混在して船底を汚すのです。
また、付着した水棲生物を取りのぞく時に、元のペンキをはがしてしまったり、船に傷を付けてしまったりと、補修に時間と手間がかかります。
そこでこの問題を解決するのが、船底塗料です。船底塗料は、普通の塗料と違い、水棲生物の付着を防ぎ、船底の表面をなめらかに保ちます。

コツは、塗料を塗るタイミング

以下の表を参考に、水棲生物が増殖する前に船底塗料を塗っておけば、ひと安心です。

水棲生物ごとの繁殖期
メインコンテンツに戻ります。

このページのトップへ戻る